【中国語】半年でHSK5級に合格したおすすめ勉強方法

ホンチャさんは,実際にHSK5を取得していますが、HSk5級取得に向けて、どうやって勉強していたんですか?レベルと、勉強時間、またおススメの勉強方法があれば教えてください。
はい。実際に自分がHSK5級取得までに費やした、1か月ほどの時間を過去のHSK5級を持っていない自分に対して教えるつもりでご紹介していきます。

HSK5級 レベル

HSK5級 レベル

 

HSK5級のレベルだと、「2500語習得している人」とされています。 ビジネスレベル一歩手前という難しいレベルであり、2500字程度の常用中国語を習得しているとみなされるレベルです。

 

HSK4級以上から、日本での就職活動などでアピールしていいとおもいますが、HSK5-HSK6級レベルになると中国語上級者とみなされるようです。上には上がいますが。。

 

他人と比べても意味がないので、自分の中国語能力をいかに磨いていけるかということを目標にしていけたらいいと思います。

 

実際に漢字に親しみのある日本人ならば、履歴書などにかける最低ラインであるHSK4級の勉強から始めて、実際にテスト受けてトライしてみるのが良いと思います。

こちらが『HSK4級学習の始め方 3か月で達成可能【完全初心者向け】』

 

HSK4級学習の始め方 3か月で達成可能【完全初心者向け】

 

HSK5級最低合格点ライン

HSK5級最低合格点ライン

 

300点中180点以上とれれば合格なので、6割以上

HSK4級以上取得しているのであればどんどん挑戦したほうがいいとおもいます。以上、自分もまだまだですが、スキルアップしていきます!

 

HSK5級 勉強時間

HSK5級 勉強時間

語学を学ぶならやはり学びたい言語の地域に行くのが早い、しっかり1年ほど中国語にみっちりつかり、中国語を基礎レベル、コミュニュケーションがとれるくらいの力をつけようと一念発起で深セン大学へ。

 

深センでは、入門クラスー高級クラス(上級クラス)までありました。

 

ビジネスクラスもあったが、上級クラスのさらに上のクラス。一クラス、3-半年ほどかかるので、何年あれば行けるんだ。。。学生の実力次第で飛び級は可能。

 

入門では、先生が英語で授業をするのと、ピンインの発音とかの練習だったので、自分は基礎のクラス、初級クラスからはじめました。初級上のクラスを3か月ほど→そこから半年ほど追加で初級下クラスを受講。合計、6-8か月ほど、週5、1日4時間ほどの中国の先生からの中国語での授業をうけました。もちろん、自然に中国語のリスニング力がアップしてきます。もちろん、わかりやすい中国語ではなしてくれてますが。。

 

最初のクラスでは、HSK4級のテキスト一冊、内容は中国語と英語で記載してあります。こちらを使用しました。日本語は一切なしのテキスト

 

 

深セン大学へ行ってから、本格的に中国語を勉強し始めたので、実際にHSK5級を取得するまでにかかった時間は半年ほどでした。

深センへ行く前と行ったあとでは、だいぶ中国語に差が出たなと思いました。中国に行ってなかったら、こんなに中国語を勉強しなかっただろうし。HSK5なんて夢のまた夢の遠い世界でした。

 

実際にHSK5級取得までにかかった時間は、半年間、土日抜きで、週に5回、朝の4-5時間、リスニングと、文法の授業のみでHSK5級まで取得できました。実際にHSKの勉強を本格的にしようとなったのは、HSK6級取得に向けて勉強を始めた段階でした。HSK5級までは、基本的に『合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック』の単語帳を中心に、中国語の単語量をあげることに注力していました。

 

HSK5級取得までに勉強で実際に使用したテキスト

 

HSK5級取得までに勉強で実際に使用したテキスト

 

こちらが実際に使用していたテキストです。☟

画像1

 

こちらは、深セン大学に中国語語学留学の時に使用したテキストです。英語での説明で中国語を学びたい方にはおすすめですが、まずは日本語で中国語を学んだ方が理解度が高まると思います。こちらのテキストは自分が使用していたテキストなので参考までに。

 

中国語で中国語の授業を受講して、テキストにも日本語が一切なく、日本語でやったほうが理解ができるだろうなとおもうことは多々ありました

 

しかし、英語と中国語での記載なので、否応でも理解しようとするしかありません。今は、スマホなどで知らない単語もしらべられるので便利です。

 

1年弱、中国語基礎リスニングレベルがある程度ある状態、英語は大学で勉強していたので、基礎レベルあり。この状態でいくと、1年いかないほどでHSK5級までは取得可能だとおもいます。

HSK5級に向けて勉強したこと

HSK5級に向けて勉強したこと

 

HSK5に向けて特に勉強したことといえば、強いていえば、HSK5級の単語帳をどれでもいいのでテキトーに買って、高頻出の範囲を覚えておけばおっけーだと思います。単語帳は自分が見やすければなんでもいいとおもいます。自分も100パーセント中、30-40パーセントほどしかみてません。 ほんとは、全部覚えたほうがいい。。もちろん、半年以上の週5中国の先生からの中国語での授業を4時間ほど受けているのは前提です。。

 

5級単語帳ぺらぺらめくっただけで合格する人は、もともと中国語できるか、よほどの強運で、4択の選択肢でほぼ正解を選んだか、、どっちか。。そんなことはないと思いますが、、、わら

 

HSK5級には、最後100文字程度の文章作成があるので、何度か、100文字程度の中国語の文章を書く練習必要もしくは、タイピングでピンインを入力する練習はしたほうがいいとおもいます。PC受講の場合は、ピンインをうつ練習をしないと、書きたい漢字がわかっていても、漢字をPCに出力できない状況におちいります。

 

まとめ

まとめ

 

HSK5級取得までには、半年ほど、週5日、4時間ほど、中国語のみの授業、テキストの文法知識の吸収、『合格奪取! 新HSK5級単語トレーニングブック』の単語帳を使用したHSK5級に出題される必須単語量の吸収。第1部分は並べ替え、第2部分は自由作文の問題があります。本番前に自分で時間を測り、一度中国語のみで作文を書いてみることをおすすめします。

 

99.
请结合下列词语(要全部使用),写一篇 80 字左右的短文。(下記の単語をすべて使用して80文字前後で短文を作りなさい)
结账、干脆、感谢、临时、海鲜

100.
请结合这张图片写一篇 80 字左右的短文。(下記の写真をみて80文字前後の作文を作りなさい)

 

99は短文に使用しなければならない単語が数個出題されます。その単語を用いて短文を作り、100では、ランダムに写真が出てきます。その写真をみて80文字前後で自分の言葉で短文を作ります。

HSK4級、HSK5級を突破した次は最上級であるHSK6級があります。HSK5級をまずは目指して中国語を磨いていきたいですね。

 

参考になる勉強方法などあれば教えてください。

それぞれHSKを取得しなければならない目的や、目標は異なると思いますが、中国語学習者として、一緒にHSK高級取得に向けてがんばりましょう!(^^)!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA